AiZZARD_TOP_FELT
2013年03月03日

初めての購入の際には何を基準にして自転車のフレームを選ぶべきか?

前回では経済的利点などを挙げて紹介したり、序章でも社会的にも普及させたいと主張しているロードですが、実際の普及率は調査せずともママチャリよりも圧倒的に低いのが現状であります。

何せその高性能さゆえに、新品における現在の市場販売価格は、初心者向けのモデルで平均的なスペックなものでも10万円程度、平均を下回るスペックの格安モデルであっても7万円程度であり、格安なママチャリの価格帯である1〜2万円と比較しても実に3倍以上も掛かるというのがネックであるからでしょう・・・。

しかし、

改めて申しますが、ロードは『電車に積み込めて尚且つ下車後は原付乗り並みに動ける』代物です。

近いうちに原付を買おうとしている方への再検討をお願い申し上げたいだけでなく、既に原付使っていてて維持費に悩まされがちな学生の方などにも乗り換えをオススメしたいところです。

あともう一押しとしまして『健康面』でも利点があります。

自転車ゆえに当然ながら『身体を動かす』ので運動にもなるのは言うまでもなくなのですが、

たとえば仕事が終わってから『健康のためにウォーキングやジョギングを行っている方』のうちで、

通勤に法定速度が30km/hまでの第一種原動機付自転車を使っている方々には特に強くオススメします。

『お金と時間がもったいないですよ』

と・・・

まあ参考として他人様の体験談ですが『原付から乗り換えたら1年も掛からんともとが取れた』そうです。もっとも原付を保有したことがない家庭で育った私にとっては実感なんて察しえない話でしたがね・・・

さて、本題のフレーム選びについての話に移ります。



「初めての購入の際には何を基準にして自転車のフレームを選ぶべきか?」の続きを読む
posted by 葉月”大和宮”十護 at 00:00 | TrackBack(0) | フレーム(車体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。