AiZZARD_TOP_FELT
2013年04月11日

iPhoneやiPod touchをサイコン代わりにする方法

 本稿ではiPhoneやiPod touchなどのiOSデバイスをサイクルコンピューター(サイコン)として使いたい人向けの導入方法(書きかけ)をご紹介します。

 ただしその前にiOSデバイスの機種ごとに導入するサイコンセンサーの規格が違いますので、必ず以下の注意事項に目を通して下さい。

導入にあたっての注意事項


・iPhone 5またはiPod touch 5Gの場合はBLE(※1)に対応している一方で、コネクターの形状が旧機種のDockコネクタよりも小さい『Lightningコネクタ』を採用しているため、ANT+規格のサイコンセンサーを導入できません

・iPhone 4SまたはiPod touch 4Gまでの旧機種はBLEに対応していないため、旧機種はANT+規格のサイコンセンサーを導入することになり、Wahoo Keyが必要となります



※1…Bluetooth 4.0の別名。この他にもBluetooth Low Energy、Bluetooth LEとも称される。

導入に必要なもの


・スマートフォンホルダー(固定台)

・ANT+またはBluetooth4.0に対応したサイコンセンサー
(スピードセンサー、ケイデンスセンサー、ハートレートモニター)

・iOSアプリ(App Storeにてダウンロード可能)

・Wahoo Key(旧機種への導入には必須)

Wahoo Key




スマートフォン・ホルダー


 スマートフォン・ホルダーを購入する前に、ハンドルバーの直径(太さ)メジャーで測り、太さに合ったクランプ(固定金具)であるかどうかを必ず確認して下さい。

 僕の場合はった直径がおよそ31mmだったのでiH-100-Mを購入。ちなみにクランプが一回り小さいiH-100-Sの適合範囲は22〜29mmだそうで、ハンドルバーの直径が28mm未満ならば"S"を購入する事になります。





続きにてサイコンセンサーとアプリ、取り付け時の参考例などをご紹介します。

「iPhoneやiPod touchをサイコン代わりにする方法」の続きを読む
posted by 葉月”大和宮”十護 at 00:01 | TrackBack(0) | サイクルコンピューターまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Androidスマートフォン(Xperiaなど)をサイコン代わりにする方法

 本稿ではXperiaなどのAndroidスマートフォン(以下本稿ではスマホと略す)をサイクルとして使いたい人向けの導入方法(書きかけ)をご紹介します。

スマホの規格条件


・ANT+またはBluetooth4.0に対応している事

導入に必要なもの


・スマートフォンホルダー(固定台)

・ANT+またはBluetooth4.0に対応したサイコンセンサー
(スピードセンサー、ケイデンスセンサー、ハートレートモニター)

・Androidアプリ(Google Playにてダウンロード可能)

スマートフォン・ホルダー


 スマートフォン・ホルダーを購入する前に、ハンドルバーの直径(太さ)メジャーで測り、太さに合ったクランプ(固定金具)であるかどうかを必ず確認して下さい。

 僕の場合はった直径がおよそ31mmだったのでiH-100-Mを購入。ちなみにクランプが一回り小さいiH-100-Sの適合範囲は22〜29mmだそうで、ハンドルバーの直径が28mm未満ならば"S"を購入する事になります。





続きにてサイコンセンサーとアプリ、取り付け時の参考例などをご紹介します。

「Androidスマートフォン(Xperiaなど)をサイコン代わりにする方法」の続きを読む
posted by 葉月”大和宮”十護 at 00:00 | TrackBack(0) | サイクルコンピューターまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月10日

ロード乗りがサイコンを付けたくなる理由

 ロードバイクなどのスポーツサイクルに乗り慣れてくると、走行距離や消費カロリーなどの走行記録、またはそれらを基にした効率良いペース配分などが知りたくなってくるもの。

 ロードに乗り始めた頃はあまり興味が湧かなかった人が多いであろうサイクルコンピューターサイコン)はそれらを知るためのアイテムです。

サイクルコンピュータ(サイコン)とは…


 サイクルコンピュータ、サイクロコンピュータ(cyclocomputer)とは、自転車に取り付け、速度、走行距離などを計る機械である。速度計の一種であるが、走行距離、積算距離、走行時間、ケイデンス、心拍数、消費カロリーなどが測定できる多機能のものが多い。 かつての機械式センサーによる速度計とは違い、スポークに付けたマグネット(磁石)の磁気をセンサーユニットが感知する非接触タイプが主流であり、センサーユニットはフロントフォークあるいはチェーンステイに取り付ける。
(平成25年4月7日Wikipedia当該項目より)

【上記の補足】

・今日の主流である非接触タイプとは、スポークにマグネットを取り付けて、そのマグネットが回転する速さ(より正確に言うと磁石がセンサーの直近を通過する際の、磁力を感知してから感知されなくなるまでの時間)を基に速度を、それとタイヤのサイズを基にして走行距離を計算します。

・なおケイデンスの場合はマグネットをクランクアームに取り付け、心拍数は搭乗者の身体に心拍計を取り付けて測定します。

・非接触にも2二種類あってセンサーとサイコン本体を繋ぐ方式には有線式と無線式があります。

ロード乗りがサイコンを付けたくなる理由


 繰り返しになりますが、サイコンはロードを利用している間に段々と走行中のペース配分や消費カロリーなどが気になる場合に活躍する自転車部品がです。

 まあダイエットや自転車競技に向けての鍛錬を目的としている人くらいでない限り神経質に数値を見る人なんて少ないと思いますが、ペース配分をして同じ道程を最速で駆け抜けたい人や、体力の消耗をセーブしたいという考える人向けにを自動車で例えるとしましょう。

 乗車すると必然的に見るのが速度計(スピードメーター)であり、走行速度と走行地点の地理的条件から最適なギアにシフトさせれば走行速度を維持できたり、ガソリン消費をセーブした燃費の良い走り方をすることができます。

 自転車も同様に、如何にしてケイデンス(ペダルの回転速度)を維持するか、その為にどのタイミングで最適なギアチェンを行うべきか、それを身につける事でより速くかつより効率的な走り方が可能となるのです。

スマホの『サイコン化』を勧める前に…


 僕自身はiPod touch 4Gをサイコン化しての初導入だったので、あまりサイコンの種類について詳しくは存じておりません。

 しかしながら、iPod touchのサイコン化という形での導入に至った際に比較の対象となった機種はありますので、続きにてご紹介いたします。なお併せて有線式と無線式の特徴もお話します。



「ロード乗りがサイコンを付けたくなる理由」の続きを読む
posted by 葉月”大和宮”十護 at 00:00 | TrackBack(0) | サイクルコンピューターまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。